www.kardemumma.org

-

-

外国為替証拠金取引(FX)の魅力は、たった一つの投資の商品であるのに、お金を掛ける期間を短い・普通・長いの3つの期間からどの期間を選ぶかということで資本の投下の手法がまったく違ってくる点にあるのです。まず外貨への投資の「長期」について見てみよう。長期スタンスは一年以上の長期出資が原則とされています。まず為替においては一年以上後々の為替の相場がは円高なのか、もしくは円安であるかを予言するなんていうことは、多くの場合無謀に近いです。通常であれば「そんなに先の状況のことは見当もつかない」というのが当たり前だからです。わからないのになんとか予測しようと努力してもそんなことは無意味なことです。そういう訳で、他の貨幣を買い、その時点での買いレートよりも円高だとしても、その損失分はいつか戻ってくるはずだというポジティブな感覚でやり取りに挑むものです。差益を無理に上げるだけでなくその他の利益つまりスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で稼ぐことを、一番最初のゴールということでやってみましょう。無論短期的に為替変動によるマイナスが非常に大きくなってしまうことがあります。そんな訳でその差損が大きくなっても問題ないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をできるだけ少なめで売り買いすることが大切です。FXは、差損がある範囲よりも大きく拡大すると追い証を払わなければならなくなったりまたはストップロス(ロスカット)になったりします。ストップロスをしたら、その時点でやり取りを打ち切りする必要があり、長期投資は厳しくなります。危険から逃れるにはレバレッジ2?3倍程度で売り買いするのが良いと思います。今度は中期の投資のケースの売買に関してです。中期スタンスの場合、最長でも2ヶ月位後を考慮しての取引をします。為替の取引の時、約1ヶ月先のことは、おおかた、予想しやすいと考えられます。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国際的な集まりや、為替のトレードに参加している人たちがどういうポイントに注視しているかを確認してみれば、だいたい、先読みできるはずです。こんなファンダメンタルズを見る一方で、グラフをチェックすることによって為替のレベルを把握する事ができ取引を見定めるのがベストです。基本的にファンダメンタルズとテクニカルの両面で良い状態でありもしくは買い傾向が同じ時は、だいだい予想通りに行くと思って大丈夫です。そんな時は持ち高を増やすことで多くの利益をもらえるのはほぼ確実です。3つ目に短期スタンスの重要点。この短期のスタンスというのはすなわち日計り取引を指しています。為替市場でデイトレを行う際、経済の状況はまるっきり影響しないと言い切れます。それは翌日の為替レートの変動に、ファンダメンタルズは影響ないからです。この場合の、最大のカギは目を引く行事がある時それによって為替レートが大きく動く一瞬を見逃さないよう行動しましょう。例を挙げるとアメリカにて雇用統計が発表されるまたは金融会議が行われることによって金利が変動するくらいの出来事。このようにタイミングに変移を見逃さないというわけで、短期スタンスでは多種の情報が欲しいところである。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.kardemumma.org All Rights Reserved.