www.kardemumma.org

-

-

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨を売買の注文をして収益を生み出す取引です。トレードの価格は、二十四時間上下しています。これが為替です。ラジオを聞いていると外貨の為替の情報が流れる場合があります。見かけるのが、「今のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを提示しています。要するに、FXには買値と売値の両方の価格があります。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示している取引業者もあります。平常時には買値よりも売値のほうが安価に設定されています。実際に買うときには高く、売るときには安くなるのです。その差額をスプレッドといいFX会社の利益のひとつといわれています。スプレッド幅は取引会社によって違います。スプレッドの幅は負担になるので、小さい取引業者をピックアップしたほうが得です。ただ、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッド幅は変動します。仮に平常時はドル円のペアでわずか1銭のスプレッドの幅でもマーケットの変化が大きい場面では1銭よりも広くなります。ですから、スプレッドが低いのと、安定している事が必要です。固定したスプレッド幅を提示する取引業者も多くあったりします。実際にFX取引会社の取引画面の上で為替相場を確かめなければわからないので億劫ですが重要な事です。重要な資金を使って注文をするのだから本当の売り買いの前に、興味がある会社の新規取引口座開設を試して、表示されているスプレッドを実感しましょう。同じペアでも、その時間帯の外国為替市場の状況によってスプレッドの狭さは変化します。一般的には、インターバンクで取引高が多い通貨の組合せではスプレッドが狭く、あとの通貨ではスプレッド幅が広がるのが一般的です。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.kardemumma.org All Rights Reserved.